アベニーパファーに適した水槽の選び方【小型:大型を徹底比較】 

アベニーパファー

アベニーパファーの飼育について水槽を小型にしようか、大型にしようか迷っている方も多いと思います!

この記事では、アベニーパファーを小型水槽で飼育するメリットとデメリット、大型水槽で飼育するメリットとデメリットを記事にしています!

アベニーパファー水槽選びの参考にしていただければと思います。

アベニーパファーは小型でも大型水槽でも飼育可能!

アベニーパファーは、一般的に小型水槽と呼ばれる小さいサイズの水槽から飼育が可能です。

小型水槽とは、横幅が30㎝や45㎝の水槽などの事です。

アベニーパファーは成魚になってもあまり大きくならなく、3㎝ほどですので成長とともに水槽を大きいものに交換する必要もないので水槽を買い替える必要はありません。

また、小型の熱帯魚であるため、強い水流は苦手ですので外掛けフィルターの場合、水流を調節が可能なので水流を弱めて対策をしましょう。

スポンジフィルターの場合はガラス方面に水流を向けるなどをして工夫をすると、アベニーパファーにとって好ましい環境になり、元気に泳いでくれます。

小型水槽で飼う【メリット】

・水換えの時は水量が少ないのでスムーズに作業が出来る
・狭いスペースでもアクアリウム、飼育を楽しめる
・単独飼育なら生体にとって充分な広さの為、大きさに無駄がない
・インテリアになり、小さくて可愛い
・レイアウトの変更、リセットが楽

小型水槽の一番のメリットはメンテナンスのしやすさです。

生体を飼育するに当たって必ずしなければならない、水槽内の掃除や水換えが大変だと生き物を飼う気もなくしてしまいますが、小型水槽は女性でも大きさや重さを考えると水換え・手入れがしやすいので、一人でも充分に管理が出来ます。

アベニー専用の餌クリルや赤虫を与えると底がかなり汚れるので、底砂の掃除を手軽にできるのも小型水槽のメリットとなりますね!

ヌマエビ兄さん
ヌマエビ兄さん

また、リセットしたい時などすぐに持ち運べるのもいいです!!

小型水槽で飼う【デメリット】

・水質を安定させるのが初心者には難しい
・水質が悪くなると悪化するのが早い
・混泳する場合、生体が1匹でも死んでしまうと飼育水が急激に悪化してしまう
・生体の飼育できる数が少なくなる

小型水槽は面積が狭い、水量が少ない為、水質の悪化には充分に気をつけなければなりません。

水質管理はどの大きさの水槽でも重要な事なので、個人的には管理のしやすい小型水槽で水質を管理し、元気に育てる方がメリットがあると感じます。

大型水槽で飼う【メリット】

※大型水槽とは一般的にサイズ目安横幅60㎝以上の水槽のことです。

・水量が多いので頻繁に水換えは不要
・小型水槽よりたくさんの生体を入れる事が可能
・飼育水を綺麗な状態に安定させやすい

面積が広いので、それに比例して飼育できる生体の数も増えます。

あまり水槽をたくさん置けない方・置きたくない方は良いかも知れませんが、アベニーパファーは一般的には性格が荒い生体なので、あまり混泳はおすすめ出来ないです。

ただ、まれに大人しい性格の生体もいますので、その場合のみ混泳を考えてみても良いでしょう。

ヌマエビ兄さん
ヌマエビ兄さん

単独飼育を考えるとあまり大きな水槽は不必要かと思います。

大型水槽で飼う【デメリット】

・水交換の量が多くなる
・女性には水槽が重い
・掃除する面積が増えるので時間と手間がかかる
・購入金額が小型水槽に比べ、多少高くなる
・大きな水槽を置けるスペースを確保しないといけない

大型水槽は手間がかかり、初期費用も高くなってしまいます。

 

ヌマエビ兄さん
ヌマエビ兄さん

メリット・デメリットを比べてみるとやはりデメリットの方が多く感じますので、僕は小型水槽で飼育をしています。

まとめ

アベニーパファー まとめ

以下がアベニーパファー水槽の選び方のまとめになります!

・大型水槽は費用と手間がかかる。
・アベニーパファーは単独飼育が一番無難な生体なので、大きな水槽は不要。
・アベニーパファーの生まれ持った性格は気性が荒い為、性格の問題で単独:少数飼育を推奨します。そのため、小型水槽が適している。
・けんかも比較的多いので混泳が全くダメという訳ではないが、生体一匹ごとの性格を良く観察し、よく知ってから混泳させた方が安心です
・まれに群れで泳ぐ生体達もいるので、性格は様々。大人しい生体なら混泳させても問題はありません。
ヌマエビ兄さん
ヌマエビ兄さん

アベニーパファーはサイズが大きくならないので、水質の維持ができる方は小型水槽で問題ありません!

小型水槽で水質維持がうまくできなかった方は大型水槽で飼育すると、ろ過フィルターも強力な上部フィルターを使えるのでうまく飼育できると思います!
水質の悪化からアベニーパファーがなりやすい目の病気(白濁眼)になったりもしますので、水換えは週1回は必ずしてあげてくださいね!

下の記事はアベニーパファー飼育について、必要な情報をすべてまとめたページとなります。

最後までお読みいただきありがとうございました。