エビ水槽に残留農薬の水草を導入するときのリスクと注意点

エビ/シュリンプ

水草を扱っているお店の店頭や、ネットショップなどでよく見かける表記
【無農薬】【農薬使用】があります。

エビ、シュリンプ水槽に農薬付着の水草、輸入水草(ほぼ農薬付着)を導入すると1時間以内に死んでしまいます。

この記事ではエビ水槽、シュリンプ水槽に導入する水草の選び方と、農薬あり(残留農薬)の水草をエビ水槽に導入する方法について紹介していきます。

水草に農薬が使用されている理由

水草の病気予防や害虫の駆除のため

特に海外で育成された水草は輸入時の検疫が厳しい理由もあり、国内生産の水草よりもはるかに農薬使用量が多いようです。外国産の水草はほぼ農薬使用だと思って下さい。

また、購入前にお店の表記をしっかり確認しましょう。害虫の駆除のために農薬使用するのですが100%混入を防ぐことは不可能です。

害虫やスネールが付着していることも多くショップの輸入水草を管理している水槽にスネールがいたりする事は多いですね。

エビ水槽には無農薬の水草が安全安心!

エビ水槽とはヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビ・ビーシュリンプなどがいる水槽のことです。

メダカや熱帯魚よりもはるかにデリケートな生体のため、農薬のダメージをかなり受けやすいです。

微量の農薬でも、水に溶け出し為シュリンプが死んでしまう可能性が高いので、絶対に無農薬のものを投入しましょう。

もし新しい水草を導入してすぐにエビが大量死をしたらほとんどが水草の農薬が原因でしょう。

水草の選び方 水草購入時の注意

無農薬と表記したものや残留農薬処理済などと表記されているものを選ぶと安心ですが、エビ類がいる水槽には、無農薬の水草を購入したほうが安心安全です。

残留農薬処理済とは、ミナミヌマエビなどの小型のエビを使い半日間は死なないなど実験済の水草のことを指します。(一度は農薬が付着していた水草です)

ショップの注意書きや店員さんに水草について詳しく聞くのが確実だと思いますが、購入時に自分でも注意する事でリスクを回避出来ると思いますので参考にして下さい。

極端に安価なものは避ける!

適当なショップは入荷後、水草を洗ったり、検品作業なしでパック売りなどでそのまま店頭に出します。

手間、効率優先、コスト削減など、きれいな水草維持の為、農薬をたくさん使用し、安価で大量生産している可能性が高いです。アクアリウムでも安い理由には裏があります。

安いからと言って信用してはいけません。

葉の色に着目!!

農薬をたくさん使った水草はすべてが明るいグリーンの若葉で、濃い色の古い葉が見当たりません。店舗なので水草を購入すり場合は不自然に明るい・きれい過ぎる水草は注意した方がいいですね。

エビの泳いでいる水槽から選ぶ!【確実】

良心的なショップでは安全性をアピールするため、エビの入った水槽に大半の水草を陳列しているところもあります。

残留農薬があれば、その水槽でエビは生きられないため生きているのであれば安全な水草である事が実証されています。

ヌマエビ兄さん
ヌマエビ兄さん

エビ水槽内にある水草は安心!!スネール付着の可能性はあるのでそこは注意してください!!

通常は農薬の付着が強い水草のアヌビアスナナ、ミクロソリウムもエビ水槽に配置されていたらかなり安心して導入することができますね。

残留農薬の水草をエビ水槽で使用する方法

農薬使用の水草を徐々に農薬を抜いて使用する事は可能ですが、リスクがある為あまりおすすめ出来ませんが使用する方法もあります。

ここから農薬が付着していた水草をエビ水槽で使用する為の手順を紹介しますね。

水草の農薬を抜く【手順①】

大きめのバケツやタライに水を張り水草を入れます。

毎日水を交換しましょう。

それを数週間~数か月繰り返して農薬を抜いていきます。(農薬の濃度で日数は前後します)

農薬が抜けているか確認する方法【手順②】

農薬が抜けきったであろう頃にエビ類を一匹投入し、半日~1日程度様子を観察しましょう。

あばれまわったり、死んでしまうようなら同様の方法をを繰り返します。

時間がかかるのともう農薬が抜けたと思って本水槽へ導入すると、微量に残っていた農薬の影響により生体が全滅してしまうなんて事もあります。

ミナミヌマエビで実験し問題がない場合でも、ビーシュリンの方が敏感なので注意してください。

以上で手順は終わりです!

まとめ

エビ飼育の場合は基本的には無農薬の水草を選ぶのをオススメしますが、農薬ありでも自分で農薬処理作業をすれば配置は可能です。

エビさんにリスクがあることを考えて完全に農薬を処理してから本水槽に配置してみてください。

無農薬の水草はすぐに導入できるのと比べ、農薬がある水草をエビ水槽に導入する場合は効率も悪く、手間もかかることを理解して農薬のある水草を購入してもらえればと思います。